未翻訳ブックレビュー

Lost-In-Translation Book Review. 日本語版発売を待たずに本を紹介するページです

'各自の生活を美しくしてそれに執着する'ための2016年のブラックミュージック

We Got It From Here… Thank You 4 Your Service 

 

"All you Black folks, you must go
All you Mexicans, you must go
And all you poor folks, you must go
Muslims and gays, boy, we hate your ways
So all you bad folks, you must go"

(黒人たちめ、出て行けよ
メキシカンども、出て行けよ
貧乏人め、出て行けよ
ムスリムとゲイ、嫌いだな
悪いやつらめ、出て行けよ)

We The People

ヒップホップグループ、ア・トライブ・コールド・クエストの18年ぶり6枚目(にして最後になるらしい)アルバムWe Got It From Here… Thank You 4 Your Serviceがすばらしい。 

 

上に引用したのは"We The People"という曲のリリック。差別や排斥に対する風刺であり皮肉だ。この曲のタイトルである"We the People"というのはアメリカ合衆国憲法の前文に出てくる言葉である。

"We the People of the United States, in Order to form a more perfect Union, establish Justice, insure domestic Tranquility, provide for the common defense, promote the general Welfare, and secure the Blessings of Liberty to ourselves and our Posterity, do ordain and establish this Constitution for the United States of America."

(われら合衆国の人民は、より完全な連邦を形成し、正義を樹立し、国内の平穏を保障し、共同の防衛に備え、一般の福祉を増進し、われらとわれらの子孫のうえに自由のもたらす恵沢を確保する目的をもって、アメリカ合衆国のために、この憲法を制定する。)

- Wikipediaの訳文より

続きを読む

見えないアメリカをめぐる400年 - White Trash by Nancy Isenberg

White Trash: The 400-Year Untold History of Class in America 

White Trash: The 400-Year Untold History of Class in America
(ホワイト・トラッシュ:アメリカの語られざる階級の400年の歴史)

 

ドナルド・トランプが大統領選挙に勝利した。
このブログでは、人口に占める白人割合の低下を背景とする、共和党の長期的な凋落傾向を予見した本を3月に紹介したりしていた↓

続きを読む

宇宙船を編む(中学英語で) - Thing Explainer by Randall Munroe

2016/04/09 初出

2016/11/23 日本語版発売につき更新

ランドール・マンロー「ホワット・イズ・ディス?:むずかしいことをシンプルに言ってみた」として発売
yomoyomoさんの記事で知った。いつもありがとうございます)  

Thing Explainer: Complicated Stuff in Simple Words (English Edition)

Randall Munroe "Thing Explainer: Complicated Stuff in Simple Words"

 

複雑な物事をシンプルに説明するには何が大事か?

 

国際宇宙ステーション、サターンVロケット、人間の内臓、天気図、電子レンジ、アメリカ合衆国憲法など約40の項目を本書は解説する。使っていいのは、最も使用頻度が高い英単語1000語とイラストだけ。各ページの見た目はこんな感じ↓

続きを読む

イ・ラン「神様ごっこ」とミランダ・ジュライ - Playing God by Lee Lang

 

「すごい!神!」「神だw」

誰かと話したりネットのコメントを見ていて最近思うのだけど、日本語の「神」という言葉の使われ方って、いつのまにか英語の'Oh my God!'とあんまり変わらなくなっている気がする。上の例はまんま「オーマイガ」に置き換え可能である。

  

・・という話は本題とは関係ない。韓国のインディー系シンガーソングライターであるイ・ランの作品「神様ごっこ」がとてもすばらしいという話が本題。

神様ごっこ

イ・ラン - 神様ごっこ(Lee Lang - Playing God)

 

続きを読む

【さよなら人類】ホモ・サピエンスからホモ・デウスへ - Homo Deus by Yuval Noah Harari

Homo Deus: A Brief History of Tomorrow

Homo Deus: A Brief History of Tomorrow

 

「あなたが望めば戦争は終わる」とジョン・レノンは言ったけれど、望まなくても戦争が終わり、望まないと死ねない時代が来るかもしれない。ただし万人にではない。

 

本書「ホモ・デウス」は、イスラエルの歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリによる未来予測本である。以前にこのブログでも取り上げて↓日本語版も2016年9月に遂に発売された世界的ベストセラー「サピエンス全史」(Sapiens)の続編にあたる。*1

 

目次

  • 飢餓、疫病、戦争
  • 知性と意識の分離
  • 人間主義の終わり?

 

*1:3部構成の本書だけど、ぶっちゃけ第1部と第2部は前作「サピエンス全史」の使い回しである

続きを読む

プロは奇跡を起こさない - 「ハドソン川の奇跡」と「夜間飛行」

Sully: My Search for What Really Matters 夜間飛行 (新潮文庫)

 

御年86歳のクリント・イーストウッド監督の新作映画「ハドソン川の奇跡」を観た。ニューヨークのハドソン川にUSエアウェイズ便が不時着して世界中でニュースとなった2009年の出来事を描いた本作は、アクション映画でもパニック映画でもなかった。どんな映画なのかを町山智浩さんが紹介していたので、「ラジオ書き起こし職人」みやーんさんのページから引用する。

続きを読む