読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未翻訳ブックレビュー

Lost In Bookish Rambles. 日本語版発売を待たずに本を紹介するページです

頼むから物語らないでくれ - A Sheltered Woman by Yiyun Lee

FICTION & ART

A Sheltered Woman

A Sheltered Woman
作者: Yiyun Li
発売日: 2015/07/16

 

こんな作家がゴロゴロいるのなら、村上春樹ってまだまだノーベル文学賞を取ったりしないんじゃないか。。
イーユン・リーの「独りでいるより優しくて」という長編小説を今年読んだとき、そう思った。何様だよという話だが。

 

ゴロゴロいるのかは知らないが、イーユン・リーは多数の受賞歴があるアメリカの若手作家のひとりだ。1972年に北京で生まれた彼女は大学時代に留学生として渡米し、現在では永住権を取得しカリフォルニアに在住している。もともとは生物学を専攻していたが創作へと専攻を変え、2005年に発表した「千年の祈り」という最初の短編集はフランク・オコナー国際短編賞の第1回受賞作となった(ちなみに第2回の受賞者は村上春樹。また、以前のエントリで紹介したミランダ・ジュライも同賞の受賞歴あり)。

 

私は上述の「独りでいるより優しくて」ではじめて彼女の作品を読んだ。簡潔で変なクセがなく抑制の効いた文章が緻密に積み重なっていくのを読んでいると、まるで鉛筆だけで写真そっくりの絵が描かれるのを見るようなリアルさを感じた。*1

 

さて、前置きが長くなったけれど、本書”A Sheltered Woman”は2014年に発表された短編小説である。2015年12月現在での彼女の最新作にあたる。nanny(住み込みのベビーシッターのこと)を務めるAuntie Mei(アンティ・メイ)という女性が主人公だ。126の家庭で131人の赤ん坊を世話してきた彼女は、132番目の赤ん坊のベビーシッターをする契約を結ぶ。その家庭は裕福だが父親は外に愛人がいて家に居つかず、母親は育児にあまり興味がない。Sheltered Womanというのは作中に登場するある女性を指していて、アンティ・メイは自分が抱える孤独をその女性に重ね合わせる。

 

「孤独」というのは手垢にまみれまくったテーマだ。特に、イーユン・リーのような移民系の作家の小説では、孤独というのは作中の通奏低音でありアンバンドルできない標準装備みたいなものでもある。

 

しかし、本作で描かれるアンティ・メイの孤独は、情緒的な気分としての寂しさや、自意識過剰の裏返しで他人を求める気持ちとは無縁だ。彼女の孤独には意図もあれば戦略もある。彼女は物語を嫌悪する。 

Paul sighed. 'If I tell you the story, you'll understand.'

‘Please,’ Auntie Mei said.

‘Don’t tell me any story.’

「君にそのストーリーを伝えたらわかってくれるだろうな」とポールはため息をついた。

「お願いだから」とアンティ・メイは答えた。

「私に何のストーリーも話さないで。」

Soon you’ll become a tiresome oldster like Paul, or a lonely woman like Chanel, telling stories to any available ear.
程なくあなたはポールのように退屈な老人かシャネルのように孤独な女性になって、聞いてくれる耳があれば自分のストーリーを語るようになるのだろう。

 "telling stories to any available ear"ってすげえ突き放した表現だ。。アンティ・メイは言う。誰かを知ってしまうと、たとえその人が死んだとしてもその存在は自分の中に残り続ける。そして、誰かに自分を知られることは、その人に自分が囚われることだ。誰のストーリーの一部にもならず、自分を隔離することをアンティ・メイは想像する。

 

ふつうの人間は、各自のストーリーを他人にシェアしたりされたりしながら生きていく。シェアされたストーリーに対していいね!と言ったりスルーしたり「あるいはそうかもしれない」とか言ったりしながら生きていく。

 

本作のアンティ・メイはそれを拒否する。上述した「独りでいるより優しくて」という長編にも、孤児として過酷な環境で育ち「何ものにも壊されない人」となった人物が登場する。彼らは「こんなに酷い世の中を生きるには、自分を他人から隔離するのが合理的な戦略だ」と信じて行動する。

 

イーユン・リーの小説がスゴいというか恐いのは、こうした孤独な人物たちが単なる「心を閉ざした人」や「自分の境遇に酔っている人」には見えないことだ。本作を読んでいると、例えば馴れ合いながら他人の評価を気にして人間関係に悩まされるような人間と、アンティ・メイのように誰ともストーリーを共有せずに生きる人間の、どっちが閉ざされたシェルターの中で生きている人間なのだろうか。とか考えさせられる。

 

本作の中で、育児を放棄する親から預かった赤ん坊にアンティ・メイは「なんて世界にあなたは生まれてきたの」と語りかける。彼女が実践する孤独には、物資が不足している戦地で疫病患者を強制隔離して治療を打ち切るような、無慈悲な決断と冷たいモラルがある。

 

イーユン・リー著”A Sheltered Woman”は、サンデータイムスEFG短編小説賞という英国の賞を受賞した作品。この賞、短編1本で賞金30,000ポンド=今のレートで約550万円!

 

なお、日本語版の発売予定は不明。短編「集」ではなくて単品なので、幾つか作品が集まるまで翻訳されない気がする。興味を持った方は是非上述の「独りでいるより優しくて」を読んでみてください↓ 本作より前に書かれた長編で、共通するテーマが扱われています。彼女の新作は出たら必ずチェックするようにしたい。

独りでいるより優しくて

独りでいるより優しくて

  • 作者: イーユンリー,篠森ゆりこ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2015/07/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

*1:たとえばこんなヤツ↓

http://img.a-mp.jp/articles/main_images/2733/pc_main/1db4f06fcffa29b7a155620eb8b15a5e6e3a0c1e.jpg?1412677631