未翻訳ブックレビュー

Lost-In-Translation Book Review. 日本語版発売を待たずに本を紹介するページです

【和訳】フランク・オーシャンの夏への愛を語る / Summer Remains

目次 フランク・オーシャンの歌詞は俳句 和訳:フランク・オーシャンの夏への愛 和訳:Summer Remains 関連過去記事まとめ 書評じゃない番外記事。 フランク・オーシャンの歌詞を解説した3分ほどのWeb動画ニュースが面白かったので内容を和訳してみた。つい…

戦争はいつも海の向こうで始まるか - American War by Omar El Akkad

Omar El Akkad - American War 2017/07/17 初出 2017/08/25 日本語版発売につき更新 オマル・エル=アッカド「アメリカン・ウォー」として2017/8/29発売 2074年、第2次南北戦争勃発。 本書Amrican Warは、中国とイスラムが2大勢力となった20世紀後半の世界で…

ちょっと今から人間やめてくる -「すごい物理学講義」とホモ・デウスの話

Carlo Rovelli - Reality Is Not What It Seems: The Journey to Quantum Gravity カルロ・ロヴェッリ - すごい物理学講義 人間が人間であることはなんてすばらしくて、人間が人間でしかないことはなんてショボいのだろう。 以前「未来が見える未訳本カタロ…

ミチコ・カクタニと、ルー・リードの、テジュ・コールのニューヨーク

目次 ミチコ・カクタニについて イントロ訳:ルー・リードへの追悼文 イントロ訳:テジュ・コール「オープン・シティ」のレビュー おわりに ミチコ・カクタニについて Michiko Kakutaniという人がいる。日系2世の米国人である彼女は、おそらく英語圏では世界…

ジョブスがいればiPhoneが生まれるか - The One Device by Brian Merchant

The One Device: The Secret History of the iPhone スマホかセックス、あきらめるならどちらにするか? 米国のIT企業Delvvが「3ヶ月スマホを使えないのと同じ期間セックスができないのとどちらを選ぶか」を18歳以上の男女に尋ねたところ、約3割がセックスを…

ゆるふわギャングと好奇心

ゆるふわギャング - Mars Ice House 書評じゃない番外記事。 "Escape To The Paradise"という曲を聴いて以来、ゆるふわギャングが好きだ。おっさん向け音楽雑誌とかにありそうな言い回しをすると、これって「2017年の'ナイトクルージング'」なんじゃないかと…

ドイツ映画「ありがとう、トニ・エルドマン」が描くグローバルビジネスというサブカルチャー。そして、ラストダンスは私に

【予告編】映画『ありがとう、トニ・エルドマン』 2017年のアカデミー外国語映画賞にもノミネートされたドイツ映画「ありがとう、トニ・エルドマン」がめちゃくちゃ良かった。 簡単にあらすじを説明すると、グローバル企業でキャリアを重ね故郷のドイツを離…

想像力は無限ではない? ファスト&スローを書かせた理論と友情 - The Undoing Project by Michael Lewis

2017/01/22 初出 2017/07/07 日本語版発売につき更新 マイケル・ルイス「かくて行動経済学は生まれり」として2017/7/14発売 The Undoing Project: A Friendship that Changed the World ある男がいたとする。彼は90歳近い高齢で、癌が全身に転移している。助…

【取材協力しました】サイゾー17年7月号「日本の"裏"を知る本100冊」

お知らせです。 月刊サイゾー7月号の特集「日本の"裏"を知る本100冊」内の「ハリウッドで『原作改変』が横行する理由」という記事に取材協力しました。 「映画化間近な未翻訳小説」というお題の取材に答えて6冊ほどコメント付きで選書したものを、1ページの…

AIは人間に興味がない - To Be a Machine by Marc O'Connell

Marc O'Connell - To be a Machine: Adventures Among Cyborgs, Utopians, Hackers, and the Futurists Solving the Modest Problem of Death 「人間は最適化されていないシステム(suboptimal system)だ」 身体のサイボーグ化、脳の冷凍保存、意識のアップ…

フランク・オーシャンは恋人をお前と呼ぶか - 翻訳における人称の屈折や揺らぎについて

小ネタ記事。英語の一人称や二人称を日本語にどう訳すかは複雑になりつつあって、それは「男らしさ」や「女らしさ」といった概念が揺らいでいることにも関係しているのではないか、という説。 前の記事でもちらっと紹介した、米国社会で黒人がどう生きるかを…

XにおいてYであることについての本(そして自分語りはなぜつまらないのか論)

Omar Saif Ghobash - Letters to a Young Muslim 仮説。世の中のエッセイはすべて「XにおいてYであること」についての文章であると分解できる。 Xは外部環境のことで、時代や国や所属する組織や家族などを指す。 Yは内部環境のことで、性別や人種や年齢や職…

【番外】集中できない人のための読書法

書評じゃない番外記事。 読書に集中できない人あるある満載の上の記事がとても面白かった。 ただ、じゃあ読書に集中できない人はどうすればよいかの話は(ネタ記事だから)無かったので、対策案を書いてみた。さらに、ドラマとかマンガとかあるのになぜ本な…

未来が見える未訳本カタログ2017

約1年振りに、今後ブログで取り上げるかもしれない未訳本をまとめて紹介する。

NYタラレバ娘、あるいは、大人になれば - All Grown Up by Jami Attenberg

美大に行って、嫌いになって、中退をして、ニューヨークへ。(You're in art school, you hate it, you drop out, you move to New York City.) そんな書き出しで始まる本書All Grown Upの主人公アンドレアは、40歳になろうとしている独身女性である。 ある…

黄色い本には当たりが多い

K-POPでも韓流ドラマでもない、韓国の文学と音楽と映画

なんか気が付いたら韓国の作品がすごい。 まとめてみた。 目次 ハン・ガンの文学 イ・ランの音楽 ナ・ホンジンの映画 まとめ:ヘル朝鮮

現代ほど辞書が読まれるべき時代は無い

Shooting an Elephant: And Other Essays by George Orwell (Penguin Modern Classics) 小ネタ記事。 言いたいことはタイトルの通り。 最近よく読んでいるBook Riotというサイトで、ジョージ・オーウェルのエッセイを引用しながら「ポスト真実」時代の辞書の…

彼や彼女を好きになれるかはどうでもいい

小ネタ記事。 個人的に「キャラ萌え」という文化に昔からあまりなじめないのだけど、前の記事↓で紹介したイーユン・リーのエッセイ本に似たような話を見つけた。

地獄では死が希望になる - イーユン・リー初エッセイ本

Dear Friend, from My Life I Write to You in Your Life by Yiyun Li 「あなたの気持ち、分かるよ」 「あなたのためを思って言っている」 「ネガティブに考えないでいい事に目を向けて」 そんな言い方をされて、嬉しくなるのではなく、イラっとしたり不快に…

【和訳】Chanel by Frank Ocean

フランク・オーシャンが今月(2017年3月)発表した新曲「シャネル」の歌詞を勝手に対訳した。 彼のBlond(e)というアルバムは「両義性(ambiguity, duality)」がテーマ、と以前の記事で書いたけれどこの曲もその延長線上にある。 'See on both sides like Chan…

現実ばかりがリアルじゃない - 4321 by Paul Auster あと、騎士団長殺し by 村上春樹

Paul Auster - 4 3 2 1: A Novel 20世紀最初の日、東欧からひとりの移民が大西洋を渡った。ニューヨークのエリス島で入国の受付を待つ間、ロシア人の仲間が話しかけてくる。ここでは名前を変えた方がいい、アメリカでの新しい人生のために、新しい名前を名乗…

データが正義を殺すとき。'数学'破壊兵器とは - Weapons of Math Destruction by Cathy O'Neil

2018/5/9 追記 寄稿連載「植田かもめの『いま世界にいる本たち』」でも本書を取り上げました! 翻訳版「あなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠」が2018/6/13に発売! Weapons of Math Destruction: How Big Data Increases Inequality and T…

ぼくのかんがえた2030年 - 日本と欧州がイスラム圏に加わって米露中と対峙する日

書評とあんまり関係ない、ただの思いつきのネタ。 'ちきりんの日記'の「日本はムスリム・フレンドリーな国になって留学生や観光客を引きつけるべき」という主旨の連載記事を読んで思ったのだけど、 最近のトランプ政権の、ロシアとエネルギー生産国ブロック…

ビッグ・ミー、そしてモラルへの暗い道 - The Road to Character by David Brooks

2016/04/17 初出 2017/01/19 日本語版発売につき更新 デイヴィッド・ブルックス「あなたの人生の意味―先人に学ぶ「惜しまれる生き方」として発売 (先人を偲ぶこの本では絶対に取り上げられないであろう大統領が就任する日の4日後の2017/01/24に発売) David…

黒い大統領の8年のダンス -(後編)オバマと踊った音楽と時代

*前編のラジオ番組風茶番↓からの続き 「俺たち大丈夫:人種と新たなる隔離について」(ジェフ・チャン著)(未訳) 目次 さよなら、音楽好きの大統領 おまけ1:ファクトチェック・オバマ おまけ2:オバマの8年にリリースされたブラック音楽8選

黒い大統領の8年のダンス -(前編)カウントダウン・オバマ

「ヒップホップは死んじゃいない。ホワイトハウスで生きている」(サンフォード・リッチモンド著)(未訳) やあみんな、お待ちかね!オバマのゴールデン・ヒッツを振り返る、カウントダウン・オバマの時間だよ! お相手は僕、DJバリー(Barry)と、 MCミー…

書くことは、失敗すること - Ta-Nehisi Coates on Writing

「私のすべての作品において、失敗はおそらくもっとも重要な要素です。」"Failure is probably the most important factor in all of my work." 「書くことは、失敗することだからですー何度も何度も、嫌というほど。」"Writing is failure. Over and over a…

2016年の未翻訳ブックレビュー

2016年はだいたい月に1冊ぐらいのペースで本を紹介してきたので、月別のまとめを作った。個人的な好奇心の航行記録。達成も未達もない営業月報。取り上げた本の日本語版が出たかの情報も付記した(2016年12月時点)。 ひとつ前にアップしたまとめ記事とかぶ…

俺のグラミー/アカデミー/ピュリッツァー賞2016

去年も書いた、年に一度の自己満足の祭典。2016年に気に入った音楽と映画と本を紹介する。 今年はあんまり厳選しないで、ぶわーっといっぱい作品を並べてみる。音楽が10作、映画が7作、本が20冊ある。ページを分けた方がいいのかもしれないけれど、ASKAのブ…