未翻訳ブックレビュー

Lost In Bookish Rambles. 日本語版発売を待たずに本を紹介するページです

【番外】もしUSにフリースタイルダンジョンがあったら

書評と何の関係もない、遊びの番外エントリです。 フリースタイルダンジョンをいつもYoutubeで見ていたのですが、権利問題の関係でオフィシャルにはYoutube配信中止になってしまいました。 で、かわりに?Swayのフリースタイル動画を見ていたら、Commonがめ…

【まとめ】エトガル・ケレットと「あの素晴らしき七年」

2016/06/06追記 「あの素晴らしき七年」の訳者の秋元孝文さんがこのブログを紹介してくださいました! 秋元孝文 On the Road to Nowhere: エトガル・ケレット 『あの素晴らしき七年』 書評情報 (注)個人的な「黄色い本」3きょうだい。どれかを好きな人には…

書くための10のルール(というか隠れた真実)by エトガル・ケレット

イスラエルの作家エトガル・ケレットの自伝的エッセイ集「あの素晴らしき七年」に恋しているので、引き続き関連エントリー。 Twitterでケレットによる執筆十ヶ条という記事を紹介している方がいた(この方はケレットのエッセイのうまさを米原万理と並べてい…

架空の賛辞で好きな本を全力プッシュしてみる

目次 前置き:「私の」本 エトガル・ケレット「あの素晴らしき七年」ー本書に寄せられた本当の賛辞 エトガル・ケレット「あの素晴らしき七年」ー本書に寄せられた架空の賛辞 参考資料

イスラエルでは裏切り者、他の国でもボイコット - エトガル・ケレットインタビュー抄訳

”In Israel people would boycott me saying I’m a traitor, and overseas people would boycott me because I’m Israeli.” 「イスラルでは人々は私を裏切り者と呼んでボイコットし、海外ではイスラエル人だからという理由でやはり人々は私をボイコットする…

未来が見える未訳本リスト

初出:2016.04.28 以後継続的に更新 まだ読んでないけど面白そう、という未訳本がたまってきたのでリスト化しました。*1 アマゾンの商品説明などを頼りに勝手に作成した「こういう本のはず」という簡単な紹介文をそれぞれ付けています。。罪と罰を読まないも…

時には4月に雪が降る - D'angeloによるPrinceトリビュート

POP LIFE

トランプが大統領になれない構造的な理由 - 2016 and Beyond by Whit Ayres

2016/11/9 追記:トランプ勝っちゃいました。3月に書いた以下の記事はそのまま残しておきます。 Whit Ayres “2016 and Beyond: How Republicans Can Elect a President in the New America” ドナルド・トランプは共和党指名を獲得できても大統領選には勝てな…

【Voiceを聞いてきた】イーユン・リー x 川上未映子 in 東京国際文芸フェスティバル2016

大好きな作家のイーユン・リーが東京国際文芸フェスティバルというイベントで来日! あ、でもトークライブは平日の夜か。仕事で行けなそう。。 お、でも会場が職場のすぐ近くだ! という個人的な経緯を経て、2016年3月3日の川上未映子さんとのトークライブに…

【和訳と感想】白人の特権II - White Privilege II by Macklemore & Ryan Lewis

書評ではないのですが、白人ヒップホップデュオのマックルモア&ライアン・ルイスが2016年の1月に発表した'White Privilege II'という曲の歌詞を日本語訳してみました。上に貼ったYoutubeで公開されている他、特設サイトで無料配信もしている曲です。 この曲…

もっといい人いるかも症候群 - Modern Romance by Aziz Ansari

2016/02/11 初出 2016/08/26 アジズ・アンサリ「当世出会い事情―スマホ時代の恋愛社会学」として日本語版発売 Aziz Ansari and Eric Klinenberg "Modern Romance" 2005年から2012年にアメリカで結婚したカップルのうち、3分の1はオンライン上で知り合ってい…

【番外】「陳列欲」と電子書籍の新しい売り方

このブログは書評ブログですが、これは番外エントリーです。何か好きなものを並べてうっとりしたい。という欲求についての話。 今日アマゾンを見ていて、ガルシア・マルケスの著作の英語版が新装されているのを見つけました。2014年に出た新装版らしい。これ…

宇宙人に人類史を教えるための7+1冊:Sapiensから広げるブックリスト

ひとつ前にアップした記事↑の関連エントリ。 ユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス」は、取るに足らないチンパンジーの一種だった人間が地球の支配者になれた要因は何だったのかを語る本だ。生物進化や経済やテクノロジーなど広範な領域について言及するこ…

【まとめ】俺のグラミー/アカデミー/ピュリッツァー賞2015

今年よかった音楽と映画と本をまとめて紹介します。 かっこつけてグラミー/アカデミー/ピュリッツァー賞としていますが、ひとりで勝手に選んでいるだけなので、名前はレコード大賞でも映画秘宝ベストでも王立協会科学図書賞でもなんでもいいです。とりあえず…

【番外】星野源の今後を勝手に考える

星野源 - YELLOW DANCER 書評と何の関係もない番外エントリです。 星野源の新アルバム「Yellow Dancer」の感想と今後やってほしい事の妄想です。

頼むから物語らないでくれ - A Sheltered Woman by Yiyun Lee

こんな作家がゴロゴロいるのなら、村上春樹ってまだまだノーベル文学賞を取ったりしないんじゃないか。。イーユン・リーの「独りでいるより優しくて」(篠森ゆりこ訳)という長編小説を今年読んだとき、そう思った。ゴロゴロいるのかは知らないが、イーユン…

続・コミュニケーションに悩む全ての人にオススメの作家 - On the Move: A Life by Oliver Sacks

ひとつ前の記事↓で紹介した、神経科医で作家のオリヴァー・サックスの自伝に関する話の続き。 前の記事にも少し書いたけれど、自閉症などの神経障害患者が単なる治療対象としか見られていなかった70年代や80年代に、オリヴァー・サックスは彼らの内面と向き…

コミュニケーションに悩む全ての人にオススメの作家 - On the Move: A Life by Oliver Sacks

On the Move: A Life 作者: Oliver Sacks 発売日: 2015/04/28 年末になるとメディア上に「今年亡くなった人々」という記事が出たりする。神経科医で作家のオリヴァー・サックスも今年亡くなったうちの一人だ。本書"On the Move: A Life"は、2015年の8月にが…

【番外】パリ同時多発テロ翌日のSNLオープニング

youtu.be "Paris is the city of light. And, here in New York city, we know that light will never go out. Our love and support is with everyone there tonight. We stand with you."「パリは光の街です。そして、ここニューヨークのわたしたちは、そ…

(犯罪の)未来は今 - Future Crimes by Marc Goodman

たとえば家に空き巣に入られるのと、アップル/グーグル/アマゾン/フェイスブック/ツイッターのアカウントを全て乗っ取られるのはどちらが嫌だろうか。サンフランシスコ在住のマット・ホーナンは、後者に近い事態を経験した。・・・IoT(モノのインターネット…

宇宙、エネルギー、ハードワーク - Elon Musk by Ashlee Vance

2015.07.30 初出 2015.09.23 日本語版発売につき更新(小噺追記)この先の数十年で何冊出るかわからないイーロン・マスクについての本のうち、最初の包括的な一冊。ジャーナリストのAshlee Vanceが本人の協力を得て著した評伝"Elon Musk"は、そう呼べる本だ…

変わるのは火星か人間か - How We'll Live on Mars by Stephen Petranek

How We'll Live on Mars (TED Books) (English Edition)作者: Stephen Petranek 第二次世界大戦終結から6年後の1951年、"Das Marsprojekt"(The Mars Project)というドイツ語で書かれた小冊子がアメリカで発行された。レイ・ブラッドベリによる1950年作「火…

【番外】Pitchforkアルバムレビュー翻訳:Miguel "Wildheart"

PitchforkというUSのWebメディアがあります。インディ系のロックや電子音楽やブラックミュージックなどを主に紹介するメディアです。以下はそこに掲載されているレビュー記事の翻訳になります。 レビューされている音楽は、LA出身R&BアーティストのMiguel(…

【続き】悪人って誰? - The First Bad Man by Miranda July

ひとつ前のエントリ↓で紹介したミランダ・ジュライの小説"The First Bad Man"についての余談。このタイトルが何を意味するかについて。 彼女が以前出した短編集"No one belongs here more than you.”は、複数の意味に取れるタイトルになっている。同書の日本…

これも愛 - The First Bad Man by Miranda July

The First Bad Man: A Novel (English Edition) 作者: Miranda July 発売日: 2015/01/13 ミランダ・ジュライの小説”The First Bad Man"の主人公Cheryl(シェリル)は、自分の生活スタイルを「システム」と呼ぶ。人は沈んだ気分になると皿洗いも面倒になって…

コンタクト

何かあればこちらかTwitterのDMで連絡ください。 Let me know if you have a message.

もう少しだけ親切に - Wonder by R. J. Palacio

Wonder作者: R. J. Palacio発売日: 2012/02/14 "I wish every day could be Halloween." 10歳の男の子オーガストは、クリスマスや他のどんな祝日よりハロウィーンが大好きだ。 スターウォーズ好きの彼は、映画に登場するキャラクターの仮装を毎年行っている…